国産品 酔夢譚

国産品を応援するブログです

今年買ってよかったモノ(国産品)2018ベスト10

今週のお題:「2018年に買ってよかったもの」

だいぶ遅れての参戦だが「2018年に買ってよかったもの」を語りたい。

f:id:koku3:20181216182937j:plain

10位:セブンイレブンの「国産さば水煮」

いきなり地味なモノがランクインで申し訳ないくらいだが、これがまた地味に美味いのだ!しかもヘルシーということで、全国のスーパーやコンビニといった小売店で「さばの水煮缶」の売り切れが続出しているらしい。

わたしはもっぱらセブンイレブンの「国産さば水煮」を買って食べていますが、ランチタイムなどは女子が買っているのをよく見かけるのもダイエットや美容に対する心がけなのかな。

www.koku3.com

 

9位:SIDO(シドー)の包帯パンツ

ゴムを使わない特殊な縫製ということで一躍有名になったSIDOの包帯パンツ。わたしは今年の半ばまでは主力パンツとして履いていました。毎日履くものですからこだわりたいと思っていたのですが、中国製が混じっていることがわかってからは、わたしの中のSIDO熱が少し冷めました。

www.koku3.com

 

8位:FDK(富士通FUJITSU)の乾電池

まだまだ乾電池を使うニーズというのは日常にゴロゴロと転がっている。テレビのリモコン、エアコンのリモコン、ポメラや外付けBlueToothキーボードなどなど。エネループももちろん使っているが、交換の頻度が高いものは充電池。それでもすぐに使いたい時にさっと手軽に使える乾電池といった感じで使い分けると便利である。

ダイソーをはじめとする100均にも電池は売っているが、せっかくなら国産品のFDKの電池を使いたいところ。

www.koku3.com

 

7位:ユーレックス オイルヒーターLF8BS-IW

今まさに寒いなかでこの記事を書いていることもあり、ついつい甘めの採点になってしまうが、本当に役立っているのだから当然か。記事にも書いたけれどやんわりとした暖かさで、喉にも優しいのが嬉しい逸品。

他の暖房器具との電気代比較でも真ん中に位置するので、買って損するということはないと思われ。ストロングバイの暖房である!

www.koku3.com

 

6位:ふるさと納税の返礼品でのJCB商品券やAmazonギフト券

ちょっと買ったものというくくりでは異色ではあるが、本当にこれは申し込んでよかったモノとして挙げたい。ふるさと納税は12月末までなので、まだまだ間に合うのでぜひ自分の限度額を把握したうえで申し込まれると吉かと。

www.koku3.com

www.koku3.com

 

5位:北陸アルミのアルミ製フライパン センレンキャスト26cm

カミさんに買ってあげて、これだけ重宝がられているモノは他にない。というくらい喜ばれている。もちろん、その他いろいろと高い物を買ってあげてはいるが。。。実用品では今年No1だと思う。

個人的にも調べれば調べるほどに、北陸アルミのファンになってきており、もうル・クルーゼなど海外ブランドに目移りすることもないだろう。

www.koku3.com

 

4位:Tabio(タビオ)の「靴下屋」「Tabio MEN」シリーズ

靴下って基本的に毎日履くものですから、とても大切なアイテムだと思っている。それを3足1,000円のタイ製やベトナム製ならまだいいが、中国製の5足1,000円で済ませるのは勿体無いなと。

記事にも書いているが、2倍長持ちするってほどではないが、丁寧な縫製で靴の中でゴツゴツと目立ちすぎることもない。あくまで靴下は脇役に徹して目立たない方が好ましいと思っているわたしにはとてもありがたい。

物を選べば2足で2,000円程度からチョイスできるので、ちょっとしたプレゼントとしても最適なのも良いポイントかと。

www.koku3.com

 

3位:ロマンス小杉のヒートコットンケット

これはわたしというよりも我が家でスマッシュヒットした逸品だ。昨年、自分用に買ったものがあまりにも素晴らしいので、カミさんに買ってあげ、子ども一号が欲しがってと今では3枚が我が家にある状況。

何だろう、ただ暖かいだけではなく肌触りもいいし、とにかく寒い冬の寝具としてこれほど欲しいものはないというくらいストロングバイな物なのである。これはもう実際に使ってもらわないと伝わらないと思う(笑)

www.koku3.com

 

2位:BVDのボクサーブリーフFinest Touch EX

先に挙げたSIDOの包帯パンツの後継として次期主力パンツに踊り出したのがこのBVDだ。子どもにも買ってあげたりして今年一年でかれこれ20枚は買っているだろう。履き心地も良いしなんの不満もない。下着というアイテムには過度の期待はない。むしろマイナスがないことが大切なのではないだろうか。

手頃なお値段で国産(日本製)品を買えるというのも嬉しいところ。現時点でのイチオシパンツである!

www.koku3.com

 

1位:アシックスウォーキングのランウォークシリーズ

今年のベストというよりは、この4年間というもの毎年一足ずつ買い足しているほどのお気に入り。とにかく軽いこととその優秀なクッション性で歩くのが苦にならない。一日の歩数が多い営業マンや、歩くことを医者にオススメされている中年期の方々にとって頼れる味方だと思う。

わたしはこの靴を履くことで、1駅、2駅どころか3駅、4駅くらいであればスイスイと歩いている。もちろん、時間に余裕がある場合だけだが軽快に歩けるので気分もいい。単に運動をするというだけではなく、いつもと違った路地を通ることで新しい発見などもあるかもしれない。

www.koku3.com

  

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ 当ブログらしく国産品が中心になったが、どれもこれも愛着のある逸品たちだ。気になるモノがあったらぜひお試しあれ!

オススメふるさと納税、高還元・使い勝手最高のJCBギフトカード(商品券)が登場!

12月も中旬にさしかかってきました今日この頃ですが、ここにきて最強のふるさと納税が復活してきた。わたしは早速10,000円(25,000円の寄附分)のJCBギフトカードを申し込んだが、数量限定の2018年最後を飾るに相応しい返礼品なので要チェックだ!

結論から言おう、ふるさと納税するなら静岡県小山町のJCBギフトカード(商品券)がオススメ!

ふるさと納税 JCB ギフト券

先日、オススメしたAmazonギフト券もそうだが、汎用的に様々なシーンで使える返礼品というのは便利である。牛肉やカニ、メロン、はたまたiPadやApple Watchなど高価な返礼品は数あるが、今、何が欲しいかわからない時には金券をもらうことで一時保留にすることができる。

その金券の還元率が高ければなおよろしいのだが、この静岡県小山町のJCBギフトカードは40%という高還元率と百貨店をはじめとする多くの場所で使えるという汎用性を兼ね備えた点からオススメといえる。

注記:還元率40%というのは50,000円の寄附をすると20,000円分のJCBギフトカードが送られてくるの意である。

JCBギフトカードの申し込み

静岡県小山町のJCBギフトカードを申し込むならAmazonギフトコード2%還元のふるなびがオススメ!

ふるなび Amazon 増量キャンペーン

ふるさと納税を代行しているサイトは数あれど、現時点でのオススメは「ふるなび」だ。2018年12月31日までの期間限定ではあるが、自治体からの返礼品とは別に「ふるなび」からAmazonギフト券を2%分還元してくれるのだ。還元にあたっての条件は3つ。

  1. ふるなび会員(登録無料)にご登録済みでログインされた状態で行われた寄附
  2. ふるなび関連サービスのサイト上から行われた寄附
  3. クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

である。1については、数回に分けふるさと納税をやろうと思っている人にとっては登録しおいた方が、なんども名前や住所を入力する手間が省けるため便利である。2については、意識せずに公式サイトから手続きをすれば問題なし。3についもむしろクレジットカードのポイントももらえるため歓迎なくらいであるから、かなり緩い条件であると言えると思う。 

ふるなびのキャンペーンサイト

JCBギフトカードの申し込み

JCBギフトカード(商品券)が使える代表的なお店はどこ?!

Amazonギフト券との最大の違いはリアル店舗で使えることだろう。しかもクレジットカードで有名なJCBが発行する商品券であるためかなり広範囲にわたるお店で使うことができる。一例をここに紹介したい。

  • 伊勢丹や大丸、高島屋といった百貨店はほとんど全て
  • スーパーではイオン、西友、イトーヨカドーなど
  • イオンモールや三井アウトレットパーク、ららぽーとなどの大型商業施設
  • 家電量販店では、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラなど
  • その他、オートバックスや丸善、ジュンク堂、ユニクロ、カクヤスなど

様々なお店で使うことができる。これだけジャンルが幅広いと欲しいモノのほとんどが手に入れられるのではないだろうか。イチオシな所以である。 

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ 総務省は高額な返礼品を禁ずる動きではあるが、地域のPRとしてもとても有効であるのも事実である。静岡県に小山町(おやまちょう)という町があること。その読みがおやまちょうということなど知っている人がどっと増えたのではないだろうか。もちろん、知名度が上がった後にどうしたいのかという戦略が無ければ意味は薄まるのだが。

ふるさと納税のそもそもの趣旨に反するというのであれば仕方がない。来年からは概ね30%内の還元率になっていくのだろう。2018年はまだ間に合うので、自分がいくらまで寄附できるのかをキチンと把握したうえで臨みたいところ。

控除上限額シミュレーション

ユーレックスのオイルヒーターは安心の日本製!緩やかな暖かさが魅力の逸品

肌寒い日が続いている。12月に入り暦の上でも名実共にいよいよ冬が到来したという感じである。わたしはホテルに外泊することも多いのだが、そうしたホテル暮らしではどうしてもエアコンの暖房に頼りがちになる。

加湿器があればいいのだが、無い場合はあまりの空気の乾燥(湿度の低さ)にのどの渇きで夜中に目が覚めることもしばしばだ。そんなノドが弱いわたしが自宅で愛用しているのがユーレックスの日本製オイルヒーターだ。

ユーレックスのオイルヒーター

ユーレックスの日本製オイルヒーターは3つの理由でオススメ!

  • じわじわと部屋が暖まるため空気を汚さず乾燥しにくい
  • 予想以上に便利なマイタイマー機能
  • Made in Japanの安心感とアフターサービス

ユーレックスのオイルヒーターは、じわじわと部屋が暖まるため空気を汚さず乾燥しにくい

ひとつひとつ細かくみていきこう。まず、最初の魅力(特徴)をみるにあたっては、オイルヒーターが部屋を暖める仕組みを説明する必要があると思う。オイルヒーターは、その本体内に密閉されたオイルを温めて、輻射熱と自然対流によってお部屋を暖める仕組になっている。

そのため、エアコンのような強い風量により部屋の空気を乱したりすることがなく、ホコリがたたないのも魅力のひとつである。また、その仕組上、急激な温度の上昇もおこりえなく、必要以上に部屋を乾燥させることがない。長所は短所との裏返しでもあるのだが、わたしの六畳ほどの寝室が暖まってくるまでに一時間ちょいかかるかな。そのくらい自然なやさしい暖房ともいえるかと思う。

※温度が上がることによる相対的な湿度の低下は起りうるので、結果として長時間使い続けた朝方にはのどがカラカラになっていることはある。加湿器を併用した方が好ましいのは間違いない。

また、灯油を用いたストーブや石油系ファンヒーターといった燃焼タイプの暖房とは違い、火を使わないし燃やすものも特にはない。必然的に石油系の臭いニオイもないし部屋の空気を汚しにくいのが特徴。言うなれば子どもからお年寄りにまでやさしい安全な暖房器具かな。

もちろん表面が熱くなることはあるけれど、じんわりとした熱さのため電気ストーブなどの他の暖房器具とは違って、触った瞬間にヤケドするようなことはない。まぁ、これは断言はできないが、我が家のモノだとそうだという話。

ユーレックスのオイルヒーターには、予想以上に便利なマイタイマー機能がある

二つ目の魅力(特徴)のマイタイマー機能ですが、これはユーレックス社のオイルヒーターにしかない独自機能となるかと思う。少なくとも我が家にもう一台ある無印良品のオイルヒーターにはない。一言でいえば、二十四時間を一時間毎にこまかく温度管理できるという優れもの。ユーレックス社の特許取得技術なのだ。

例えば、わたしの使い方を書くと、眠る時間に合わせて22時から午前2時までは20度に設定。2時から朝方の6時までは18度と低めのセット。朝からそれまでの間はOFFにしていますが、このような細やかな設定が一時間単位で設定できるのがすごい。いや本当にすごいのだ。

書いてあるものを読んだだけではイメージしにくいかもしれないが、これは使ってみると本当に便利。冬場は暖かな羽毛布団や毛布なども使っていることと思うので、暖か過ぎてもいけないし、かといって真冬の場合は朝方の冷え込みもハンパじゃなかったりもする。そういった気候の変化や寝具の様子によって細かく設定できるのが超便利なのである。

Made in Japanの安心感とアフターサービス体制が素晴らしい

オイルヒーターといえばデロンギ社などのモノも有名だし、先に挙げた無印良品のモノもよく見かける。しかし、やはり日本製の安心感を推したいのだ。さまざまな表記が日本語でなされているのは当り前のことだけど、故障や初期不良があった際の対応もやはり日本のメーカーだときめ細やかな対応が期待できる。

わたしのオイルヒーターはいまのところ順調だが、ネット上の口コミでは「ガタツキの対応をしてくれた」、「フィンを交換してくれた」など感謝の声が多数みられる。初期不良は無いことが一番いいのはそうだけど、不具合というのは一定の確率で出るもの。

ユーザーとしては、そういう不具合にもしも当たってしまった場合には、メーカーから誠意のある対応をしてもらいたいものだ。そんなユーレック社の保証は三年保証、このあたりにも同社の自信とユーザーへの信頼があらわれていると思う。

余談になるが、ユーレックスのオイルヒーターには、移動用の車輪が片方ない機種がある。これは震災の多い日本において、地震の時にも動かない安定したオイルヒーターが欲しいという要望に応えて作られてそう。心から素晴らしい姿勢だと思わないか?!

実際に使ってみた感想(レビュー)

上記に書いた3つの素晴らしさをもつユーレック社の日本製オイルヒーター、わたしはストロングバイだと考えている。おまけでいうとオプションで購入できるタオルハンガーはあると便利かな。お風呂上がりにタオルをかけておけば、翌朝には完全に渇いているし部屋の保湿という観点からもよりよくなるかと。安心のユーレック社のオイルヒーターをぜひ試してみて欲しい。

最後にユーレックス社の公式ページから同社の国産品に対する想いを紹介したい。

Made in Japan の質感と安心を大切に

質感と品質を理想のレベルに近づけるために、きめ細やかな要望に対応できる「国産」にこだわり、 「良い商品はお客様の快適な暮らしをより長く支えられるはず。」そんな思いを元に開発・製造を続けています。

保証期間が3年間であることも、長く使って頂きたいという思いの形です。

日本人の私達が、お客様の生活に最も適した商品をご提案できるよう、常に研究や開発を進めています。

機能の安定性はもちろん、業界初の「音声ガイダンス」や特許技術の「マイタイマー」など、 便利な生活を送るため、日本人の生活に合ったオイルヒーターを研究し続けています。

ユーレックス オイルヒーターの電気代はどのくらいかかるのか?

これはもちろん諸条件(モデル・環境)によっても違ってくるのだが、うちで使っているのは寝室(8畳の広さ)で地域は東京都。冬場もっとも寒い2月でも最低気温は0度まではいかないという条件であれば、一時間あたり14.3円程度のようだ。

わたしはだいたい23時くらいから使いはじめ6時には切るため、利用時間は毎日7時間であるから一日あたり100円くらいのようだ。30日間で3,000円の電気代上昇要因になるが、それで風邪をひかないで済むのであれば御の字である。喉からくる風邪は特にたちが悪いため、わたしにとってもっとも避けたいものだからだ。

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ 先にも書いたが、我が家にはユーレックスと無印良品のオイルヒーターの二台がある。なかなか3台目を買うというほど広い家に住んでいる訳ではないので、今年の冬は実家に送ってあげようと考えている。親もいい歳なので優しい暖房がいいだろうし、何よりも火災の心配が少なくなるのが心強いと思う。

ダイエットにも最適!コンビニで買える国産さば水煮は添加物無でヘルシーな逸品

コンビニで食べるモノというと「身体に悪そう」なイメージもあるが、きちんと選べば良い物もたくさんある。その代表格が鯖(さば)缶だ!

コンビニで売っている国産さば水煮缶詰は美味いのにダイエットにも最適!

国産さば水煮

画像はセブンイレブンの「国産さば水煮」缶詰だが、1缶あたり190gの容量で価格は159円(税込)、気になるカロリーは431kcalである。カロリーだけ見るとけっこうあるように感じるかもしれないが、そもそも一度に全部食べる必要もないのだ。半分だけ食べるでも十分に腹持ちがする。190gという量がそれなりにあることと、さばの水煮ばかり食べていると飽きるというのもある。

一缶まるまる食べた場合でも、糖質は0.2gだし脂質も36.1gと優秀なスコアを叩き出す。これが似たような缶詰であるさばの味噌煮だとグンと上がってしまうので要注意。ダイエットのためにさばの缶詰を食べる場合は、味噌煮よりも水煮がオススメであることは要チェックである! 

缶詰の表面から読み取れる情報としては、

  • 「国産さば」であること
  • 「瀬戸内の花藻塩」が用いられていること

がわかるが、後者について少し補足しておきたい。瀬戸内の花藻塩をわたしは日常でも使っているが、この塩が国産原料100%の実に良いものなのである。名前に藻と入っていることからもわかるように、海藻から出る旨味成分がぎゅっと濃縮された塩だと言われている。わたしは飲み屋の女将にそう聞いてから「旨そうだなぁ」と思い、ずっとこの塩を使い続けている。

「瀬戸内の花藻塩」は、瀬戸内海の海水を100%使用した海塩を、瀬戸内の地にて藻塩に仕上げています。

海塩:瀬戸内産

海藻抽出物:長崎県対馬

製造者所在地:岡山県瀬戸内市

余談ではあるが、塩なんて海で干していればできるのだから、そりゃあ国産品だろうと思うかもしれない。特にいまNHKで放映されている朝ドラ「まんぷく」を観ている人ならなおさらだろうが。実は「すべての塩」ということで考えると日本の自給率は10%台まで低くなる。これはまぁ、工業用の塩がその大半を占めるからである為、屁理屈といえば屁理屈だが実は日本は大量の塩を輸入しているということは知っておいてもいい雑学かと思う。 

セブンイレブンの「国産さば水煮」の原材料などを見てみると

さばの水煮缶の内容成分

画像はセブンイレブンで買った「国産さば水煮」缶裏面の原料等表記であるが、注目すべきはその潔良いまでの原材料の少なさである!

  • さば(国産)
  • 食塩、(一部にさばを含む)

たった二つである。強いて言えば、商品名にも入っており煮込む時に使う「水」が付け加えられるだろうか。食塩の表記に「一部にさばを含む」と書いてあり「なんのこっちゃ」という感はあるが、まぁ、とにかく「さば」と「塩」だけで作られていることは間違いがない。

栄養成分で目を引くのは、やはりのそのタンパク質の高さと炭水化物の低さであろう。身体の筋肉を作り出す成分であるたんぱく質を確実に摂っていくことは、ダイエットの際に考慮しなければならないとても大切な要素である。身体の中にある余分な脂肪を減らしたいのであって、大事な筋肉を落としたいのではないはずだからだ。

そういった栄養成分のバランスの面からも国産さば水煮は超おすすめ商品と言える。

ちなみに、どうもコンビニの国産さば水煮は旨味に欠ける、もっと濃厚な鯖が食べたいという方にオススメなのが伊藤食品の「美味しい鯖水煮」である。うちでは常備してあり酒の肴として用いているがこれが濃厚で美味いのだ。次回、別の記事に書くが一度試してみて欲しい。 

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ 本当は暖かい白米と食べると最強に美味しいのだけれど、ダイエットする方ならばそのまま食べるかな。オススメの食べ方としては、さば水煮缶と白菜をいれた味噌汁!これが最高に美味いし食べ易く飽きない。人参や玉ねぎなどもお好みで入れると栄養のバランスもますます取れてばっちりかと。

森博嗣先生の傑作スカイ・クロラシリーズは時系列順か発刊順に読むべきか

今週のお題「読書の秋」にならった訳ではないが、この三連休は読書三昧に過ごした。もちろん、景信山から小仏城山を経て高尾山への縦走などアクティブな活動もしたが、移動の電車やバスでは本を読んでいた。その京王線の準特急のなかで女性が読んでいたのがなんと「ナ・パ・デア」だったことからこの記事を書くことを思いついた。

スカイ・クロラシリーズの出版された順とその年月

f:id:koku3:20181125111346j:plain

出版された順は、

  1. スカイ・クロラ(The Sky Crawlers)2001年
  2. ナ・バ・テア(None But Air)2004年
  3. ダウン・ツ・ヘヴン(Down to Heaven)2005年
  4. フラッタ・リンツ・ライフ(Flutter into Life)2006年
  5. クレィドゥ・ザ・スカイ(Cradle the Sky)2007年

である。出版された年を見ると第一作であるスカイ・クロラが発刊されてからしばらく空いていることがわかる。第二作であるナ・パ・デアからは毎年発刊されておりその筆の勢いがわかる。もともと森博嗣先生は多作で有名であり、これくらいは余裕なのだろうが素直にすごいと思う。

ちなみに「スカイ・クロラ」が押井守監督により映画化されたのが2008年。当時、「イノセンス」の成功で乗りに乗っていた押井守と、制作はProduction I.Gという最強の布陣であるこのアニメも最高である。

注記:2008年に発行されたスカイ・イクリプス(Sky Eclipse)は短編集になるのでここでは省くこととする。

スカイ・クロラシリーズの作品中の時系列順

f:id:koku3:20181125111416j:plain

作品中の時系列順に並べると、

  1. ナ・バ・テア
  2. ダウン・ツ・ヘヴン
  3. フラッタ・リンツ・ライフ
  4. クレィドゥ・ザ・スカイ
  5. スカイ・クロラ

となる。クサナギ、ティーチャ、カンナミ、トキノの関係がすんなり入るのは、やはりこの順番かと思う。 

注記:わたしはネタバレを好まないが、登場人物の名前くらいならいいよね。

ちなみに、この画像の装丁は文庫版のものとなる。単行本で持っている方はなかなかいないかもしれないが、文庫版の前にノベルス版があった。そのノベルス版の表紙や挿絵を描いているのが鶴田謙二氏である。若い方は知らないかもしれないが、とても魅力的な作風の氏の挿絵で本作を読めるのは羨ましい。

Amazon Kindle版などはノベルス版の絵になっているので、電子書籍版であれば見ることができるのだろうか。電子書籍では挿絵などが除かれている作品も多いので気になるところである。

結論!スカイ・クロラシリーズはどの作品から読むべきか?!

wikiによると森博嗣先生は、

筆者によれば、「第1巻は「ナ・バ・テア」ですので、これから読むのが普通」と言うことだが、「どの巻から読んでも差し支えは無い」とも語っている。

とのことである。ググってみたが原典にあたることはできなかったが、とても森博嗣先生らしい工学的な回答である。ではわたしのオススメはどうかというと、それはやはり作品内の時系列順に読むこと。シリーズが5冊であることを多いと思う人であればそれこそ、シリーズのタイトル作でもあるスカイ・クロラだけ読めばいいかもしれないが、5冊であることを楽しめる人であれば、やはりそれぞれの登場人物の背景や個性がすんなりと入ってくる方がいいと考えるからだ。

ただ、もちろん森博嗣先生もおっしゃっているように、発刊順に読んでいっても味わい深いとも言える。ああ、あのキャラとこのキャラはそういうしがらみがあったのかなどと思えるからだ。結局は先の発言のようにどちらでも良いというのが結論なのかもしれない。

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ ちなみにわたしが最初に買ったのは、ナ・バ・テアで文庫版の装丁の美しさとNone But Airというタイトルのカッコ良さに惹かれてなのだが、本当にいま見てもこの文庫版の美しさには惚れ惚れする。「none but〜」という慣用句で「〜以外に何もない」となることもこのタイトルで覚えた。何かの勉強になるあたりは、さすが森博嗣先生の作だ。