国産品 酔夢譚

国産品を応援するブログです

自動車運転免許証の更新に行くならば朝一がいい!ただし、年始を除く!

カミさんが運転免許の更新に行くというので、「朝一がいいよ。空いているから」とアドバイスをしたのは1月3日の夜のことだった。わたしの経験からいくと、だいたい朝一から免許の更新にきているのはお年寄りくらいなものなので、比較的スムーズに更新の各手続きが済むからである。

交通教本

交通教本

年始は年末の長期休み明け後になり、朝一の方が混むため要注意!

しかし、1月4日の朝一に更新に向かったカミさんからは、とまどいと若干の怒りが混じったLINEが。めちゃくちゃ混んでるらしい。結局、あきらめて次の日の朝一にあらためて出かけていったが、その日は混み合ってもおらずスムーズに更新できたようだ。

年末年始は運転免許試験場もお休みとなるため、1月4日からのスタートとなる。久しぶりに開場することになるため、「さぁ行くべ!」と勢いこんだ人たちが押し寄せるのだろうか。とにかく年始の朝イチに免許の更新に行くのは止めた方がいいようだ。

冬場の暖房ではACスイッチをOFFにすると燃費がよくなることを学んだ

免許の更新に行ってきたカミさんは、早速、交通教本を捨てていた(笑)捨てられるようなモノをせっせと印刷し配布し続ける行政もどうかと思うが、何か変わったことはないだろうかと目を通してみた。すると、「人と環境に配慮した自動車技術」というページに、いいことが書いてあった。

エアコンの使用は適切に

車のエアコン(A/C)は車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFにしましょう。また、冷房が必要なときは、車内を冷やしすぎないようにしましょう。たとえば、車内の温度設定を外気と同じ25℃に設定した場合、エアコンスイッチをONにしたままだと12%程度燃費が悪化します。

若干、日本語が変だが文章はそのまま転載としている。よくよく読むと意味が不明なところもあるが、どうやら冬場の暖房を使用するときはA/CスイッチをOFFにした方が良いということらしい。知識として頭の片隅にはあったが、徹底していなかったので早速次回からやってみようと思う。

交通教本に掲載されている被害者の手記に涙した

「交通犯罪に遭って五年」というタイトルのその手記は、ひとり娘を交通犯罪(事故とはいえないひどさ)で失った方の体験談である。もちろん、その内容は飲酒運転で反省の色もない犯人に対する怒りが中心であるが、行政に対する憤りもたくさん書かれている。

行政と立法の批判になるにも関わらず、交通教本に掲載した編者の方々の思いもあるのでしょう。いろいろな方の思いを感じるその手記を読んでさまざまなことを考えた。免許更新に行かれる方は、ぜひ「交通犯罪に遭って五年」という手記を読んでみて欲しい。

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ こんなことを書いているが、運転免許の更新はついつい後回しにしがち。失効しないように次の更新時には朝一で更新に行かなきゃ!