国産品 酔夢譚

国産品を応援するブログです

for TOHOKU, YOU AND STARBUCKSスタバの震災復興支援プログラムを応援!

2011年3月11日の東日本大震災から8年。何か大きな事はできなくても、日常の小さな事でお手伝いできたら。そんな思いをカタチにしてくれるプログラムがスターバックスコーヒーで行われている。それが、「for TOHOKU, YOU AND STARBUCKSハミングバード プログラム」だ。

スタバ画面キャプチャ

「for TOHOKU, YOU AND STARBUCKSハミングバード プログラム」とは

プログラム専用のハミングバード柄のスターバックスカードにお金をチャージして、スタバで買い物をするとスタバから、震災で親御さんを亡くした子どもたちへの進学支援が行われるというもの。

わたしは2017年度版のスターバックスカードハミングバードを持っているが、カードを作成した最初のチャージ時にも100円が寄付金となった。この仕組みは2019年度版も変わっていないようだ。

※1,000円チャージすると100円が寄付され、900円だけチャージされるの意。はじめの一回だけであるのでご安心を。

公式ページの解説は以下の通り、

「ハミングバード プログラム」とは 2011年3月の東日本大震災を受け、 全国のお客様とスターバックスが一緒に取り組んでいる東北応援プログラム。 今年で、7回目を迎えます。 これまでにのべ60万人のお客様にご賛同いただき、 震災で親をなくした子どもたちの進学を支援する 「公益財団法人みちのく未来基金」へ、累計金額1億2千万円を寄付しました。 全国の皆さまの応援が、東北の子どもたちの夢を後押ししています。 東日本大震災で親をなくした子どもは約1,800人に上るといわれています。 東北の子どもたちの夢を、これからもぜひ一緒に応援してください。

スタバハミングバード

「for TOHOKU, YOU AND STARBUCKSハミングバード プログラム」の寄付額は

わたしたちがスタバでハミングバードカードを利用する度に、その利用金額の1%が寄付される仕組み。1%というと大した事ないなと思うかもしれないが、スタバがこの取り組みをはじめて早いもので7年目。上にも引用したがすでに1億2千万円に達しているというのだから侮れない。

わたしたちがカフェミストのトールを飲むのに支払う額は410円(税込)。そのうち4円が寄付される。たった4円と思うかもしれないが、そうした数円が積み重なっての1億円なのだ。すさまじい話である。

今年の開催期間は2019年3月8日(金)~5月14日(火)まで。まだまだ、はじまったばかりなのでぜひ参加してほしい。

forTOHOKUレシート

期間中はスタバのレシートにも記載される

震災復興支援プログラム中は、レシートにも感謝の意が記される。そして、レシートにも印刷されている図柄ハミングバードにも想いが込められているのだ。

このプログラムを象徴するハチドリ(ハミングバード)のモチーフは、 南米アンデスの民話「ハチドリのひとしずく」。 森が火事になり、動物たちはわれさきにと逃げました。 でもハチドリだけは、口ばしで水を一滴ずつ運んでは火の上に落とし、何度も行ったり来たり。 「そんなことをしてどうなるんだ?」と笑う周りの動物たちに対し、ハチドリは答えます。 「私は、私のできることをしているだけ」。 たとえ小さなことでも、みんなの「私にできること」が集まれば大きな力になる。 そんな想いが込められたプログラムです。

とてもいい活動だなとしみじみと思う。いつもはトールなんだけど今日はベンティにしてみようか。そんな気持ちになってしまう。ベンティサイズは、ひとりで飲むには大き過ぎるので仕事仲間や家族と分け合ったり。そんな時にこのスタバの活動を紹介したりなんかして、紹介された人がまた活動に賛同してくれたら。そんな良い連鎖が起きるといいね。

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ 東日本大震災だけではなく、ここ数年は日本各地で様々な災害が起きた。冒頭にも書いたが大きな取り組みは難しくても、小さな取り組みを持続的に続けられたら。そんな気持ちで記事を書いた。

そんなスタバのSTARBUCKS OFFICIAL BOOKもぜひどうぞ!