国産品 酔夢譚

国産品を応援するブログです

Love Letter(ラブレター)は最高に楽しめるオススメ国産カードゲーム!

子どもたちとゲームといえば、SwitchやPS4が頭に浮かぶかもしれないが、我が家ではボードゲームやカードゲームが超流行っている。家族全員が揃うと末っ子が「あのやつ、やりたい」と言ってくるのが定番。

その「あのやつ」とは「ラブレター」と「キャプテン・リノ」なのだが、今日はその「ラブレター」を紹介したい。

Love Letter(ラブレター)ってこんなゲーム

f:id:koku3:20181008094855j:plain

ストーリー

ここではない場所、今とは違う時代、とある小さな王国に、美しい姫がいました。その姫は気立てが良く、誰とも分け隔てなく接したため、国の皆から好かれていました。  そんな姫に心から惚れ込んだ若者たちは、姫の心を射止めるべく、恋文をしたためることにしました。城に仕える様々な者たちに協力を仰ぎ、自らの想いを姫に伝えようとする若者たち。彼らは一癖も二癖もある協力者達の力を使い、見事姫に恋文を届けることができるでしょうか?

1プレイはだいたい5分ちょっとで終わる。美麗なカードたちを駆使して他のメンバーを蹴落とすのだが、たぶんうちの子どもたちは単なる戦闘ゲームだと思っているはず。

ストーリーを知らなくても、単純に人と人とがやり取りをするカードゲームとしてバランスよく成り立っているから、きっとうちの子どもたちの誰もこんなストーリーがあるとは思っていないだろうなぁ(笑)

ゲームの概要としては以下のとおり。

  • 商品名:ラブレター
  • プレイ人数:2~4人
  • プレイ時間:5~10分
  • 対象年齢:10歳以上
  • 内容:カード48枚
  •    トークン12個
  •    タイル1枚
  •    説明書1冊
  • 発売日:2014年5月31日発売予定
  • 本体価格:¥1,850-
  • デザイン:カナイ セイジ
  • イラスト:杉浦 のぼる

デザインもイラストも日本人が制作している純国産ボード(カード)ゲームなのだ。また、小売価格で2,000円以内で収まるのも魅力のひとつ。気軽に買えるお値段なのでぜひ。プレゼントにもばっちりだし、旅行にいく際に持っていくゲームとしても荷物にならず最適。

f:id:koku3:20181008094840j:plain

うちではいつも4人でやっている。正確には末っ子とカミさんがチームを組むので5人(4チーム)かな。読み合いの要素が入るので、ちょっとだけむずかしく小学低学年より上が適正年齢かな。ただ、このちょっと難しいというのが小学高学年や中学生には響くようで喜んでやっている。 

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

誰かひとりしっかりとした人が説明書を読んで、おおまかなやり方を掴んだらプレイしてしまった方が早い。2〜3回もプレイすればだいたいやれるようになるはず。それぞれのカードの効果はすべて記載されているので分かり易い。うちは末っ子が一番はまっているが、一番目も二番目も大好きなゲームのようで喜んで参加してくる。

Love Letter(ラブレター)オススメポイント

f:id:koku3:20181008094253j:plain

画像にある箱の帯にもあるように、 

  • シリーズ累計125万個突破!!
  • あまたのゲーム賞を受賞した注目作!

改めてめちゃくちゃ売れているゲームなんだなぁ。こうなってくるとそのシリーズってなんだという気もするけれど、公式ページを見てもそれはわからなかった(笑)その代わりにもらった賞を調べると以下のとおり。 

  • 2012年日本ボードゲーム大賞 大賞受賞
  • ゴールデン・ギーク賞2013:4部門受賞
  • ダイスタワー賞2012:2部門受賞
  • ミープルズ・チョイス賞2014:第4位
  • ザ・モーニング・ニュース2012:贈り物に適したゲーム10選
  • 2014オリジン賞トラディショナルカードゲーム部門

そんな賞があるんだなという驚きと共に、贈り物に適したゲームというのはホントにそうだなとうなづける。2,000円以下という手軽な価格設定。そして家族みんなで遊べるゲーム性。単なる戦闘モノであればカミさんたち女性陣に受けないところを、タイトルからしてラブレターだからね。このゲームデザイナー、カナイ セイジ氏は相当のワルだと思う(笑)

賞をもらったとか売れまくっているというのも訴求ポイントではあるが、とにかく面白いのだ。また、シンプルなルールであるため、少しだけルールを変えるなどということも可能になる。わが家では、必ずしも毎回カードを捨てなくてもいいというルールにして遊んでいる。このためゲーム後半での盛り上がりが大きくなることと、大臣の効果がてきめんになっている。

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

 

今回、記事を書くにあたり調べてみるとイラストが異なる別バージョンもあるみたい。しかもパッケージがコンパクトなんだとか、Amazonではお値段もグッとお得になっているし旅行などに持ち運ぶにはこちらの方がいいのかも!

ラブレター ケン・ニイムラ版 (Love Letter) カードゲーム

ラブレター ケン・ニイムラ版 (Love Letter) カードゲーム

 

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ 冒頭にも書いたが、SwitchやPS4で遊ぶのもいいが、こういったカードゲームやボードゲームでみんなでわいわいやるのも最高に楽しい。ストロングバイかと!