国産品 酔夢譚

国産品を応援するブログです

わたしが使っているマウスコンピューターは安心の国内生産、しかも高性能なのに安い!?

VAIOと共に我が家の主力デスクトップは、国内生産のマウスコンピューターが誇るG-Tuneである。VAIOはビジネス用途や持ち運びなどVAIOならではの良さがあるが、やはりゲームをキチンと動かし楽しむにはパワー不足である。ひとつ前のG-Tune(ノートPC)に続き、今もデスクトップのG-Tuneを使っている。

マウスコンピューター

わたしがマウスコンピューターのデスクトップG-Tuneを使い続ける3つの理由

以前、ノートPCでG-Tuneを使っていたというのもあるが、わたしが今もマウスコンピューターのG-Tuneを選んだのは以下の3つの理由からである。

  • 高性能である
  • 安心の国内生産である
  • 上記2つを満たしながらも安価である

マウスコンピューターの公式サイトはこちら

マウスコンピューターのG-Tuneは高性能である

わたしが使っている構成はそこまでゴリゴリのパワー重視ではない。コストパフォーマンスが最大になるように組んでいる。例えば、CPUはCore™ i7ではないしSSDではなくHDD(もちろん7,200rpmを選んではいる)である。DVDおよびブルーレイなどの光学ドライブは使わないから搭載していないし、キーボードやマウスは家にあるモノを使えばいいので不必要である。

ケースもフルタワー、ミドルタワーで組んでいた(自作)時代もあるが、今となっては自分でカスタマイズしないため、マイクロタワー型をチョイス。いろいろ削ぎ落とした構成で、その分をグラフィックスのパーツの性能向上につぎ込んでいる。そんな自分がこだわるモノを作り上げられるところにG-Tuneの楽しみがある。もちろん、もっとプロ級の方からみれば、いやいやSSDをチョイスしていないので、そこがボトルネックになるなどのご意見もあるやもしれないが、わたしがプレイするゲームでは十分のベンチマークを叩き出している。

マウスコンピューターのG-Tuneは安心の国内生産である

あまり知られていないがマウスコンピューターのPCは、長野県の飯山市にある自社工場で作られている。飯山市という名前に古くからのPCファンはピンとくるかもしれない。そうディスプレイブランドのiiyamaである。飯山電機株式会社から株式会社イーヤマになったりと実はいろいろあったのであるが、今はマウスコンピューターのグループのディスプレイ部門となっている。

高性能なパーツを扱うPCは、実はきれいな空気と水がある田舎で生産する方があっている。長野県の飯山市が田舎というと怒られるかもしれないが、公式ページにもその旨の記述があったので胸をなでおろしている。

国内製造

水と空気がきれいな長野の工場で、スタッフの手によって丁寧に組み立てられ、かつ厳しい検査をクリアしたものだけを出荷しています。

せっかくなので公式ページの説明を引用していくと、

国内開発

新しい技術を搭載した製品をいち早くお届けするために、 開発・製造を、国内で行っています。 お客様のフィードバックを生かし、日々意欲的にものづくりに努めています。

と、開発からフィードバックを生かした品質改良・改善までを国内一貫でやっていることがわかる。さらに、 

セル生産

組み立て工程は、少ロット多品種に対応できる「セル生産方式」を採用。 低価格を実現させながら、お客様一人ひとりのニーズに合わせ カスタマイズした製品をお届けします。

大量生産ではなく、顧客にあったカスタマイズ品を受注するのに適した生産方式をとっていることもわかった。ここまで読むとマウスコンピューターでPCを買いたくなるのではないだろうか。わたしは次回もマウスコンピューターで買おうと決意を新たにしたくらいだ。

マウスコンピューターのG-Tuneは安価に購入することができる

金額に関してはズバリ安価であるといえる。上記に書いたスペックのわたしのデスクトップPCは当時の価格でではあるが70,000円ちょい(税込)であった。ふつうにノートPCを購入すれば10万円を軽く越えるご時世であるゲーミングPCがこのお値段で購入できるのは驚きである。

円安に触れている今はさすがに70,000円台でゲーミングPCを組むことはできないだろうと公式サイトをチェックしたところ、50,000円台の構成を発見して驚いている。。。おそるべし!マウスコンピューター!

マウスコンピューターの公式サイトはこちら

マウスコンピューターG-Tune拡張性

マウスコンピューターのG-Tuneを実際につかってみた感想(口コミ)

わたしが現在のデスクトップPCを購入したのは、2016年2月のことである。それから3年ちょっとが経っているが、まったく問題なく動いているし快適にゲームを楽しんでいる。強いていえばWindows10がアホではあるが、それはマウスコンピューターに限った話ではない。

MMORPGはやらなくなったが、Steamで購入したゲームをやっているし、もちろんEXCELを使った仕事面でも、筆まめを使った家庭での利用でもまったく問題なく使えている。PCは動いて当り前という側面があるので、故障することなく安心して使い続けられるというのはとても大切な要素だと考える。

ちなみに、以前使っていたノートPCのG-Tuneは15インチで2kgを超えるにも関わらず、旅先にも持っていっていた。それだけ当時はあるMMORPGにハマっていたのだが、持ち運びをガンガンにしても壊れなかった。そのくらい耐久性にも優れていると思っている。これからもしばらくはこのデスクトップG-Tuneのお世話になり続けることと考えている。

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ じぶんで記事を書きながらもG-Tuneの素晴らしさを再発見した次第である。さまざまな点からオススメできるPCでありPCメーカーであると考えている。マウスコンピューター、ストロングバイである!