国産品 酔夢譚

国産品を応援するブログです

ダイエットにも最適!コンビニで買える国産さば水煮は添加物無でヘルシーな逸品

コンビニで食べるモノというと「身体に悪そう」なイメージもあるが、きちんと選べば良い物もたくさんある。その代表格が鯖(さば)缶だ!

コンビニで売っている国産さば水煮缶詰は美味いのにダイエットにも最適!

国産さば水煮

画像はセブンイレブンの「国産さば水煮」缶詰だが、1缶あたり190gの容量で価格は159円(税込)、気になるカロリーは431kcalである。カロリーだけ見るとけっこうあるように感じるかもしれないが、そもそも一度に全部食べる必要もないのだ。半分だけ食べるでも十分に腹持ちがする。190gという量がそれなりにあることと、さばの水煮ばかり食べていると飽きるというのもある。

一缶まるまる食べた場合でも、糖質は0.2gだし脂質も36.1gと優秀なスコアを叩き出す。これが似たような缶詰であるさばの味噌煮だとグンと上がってしまうので要注意。ダイエットのためにさばの缶詰を食べる場合は、味噌煮よりも水煮がオススメであることは要チェックである! 

缶詰の表面から読み取れる情報としては、

  • 「国産さば」であること
  • 「瀬戸内の花藻塩」が用いられていること

がわかるが、後者について少し補足しておきたい。瀬戸内の花藻塩をわたしは日常でも使っているが、この塩が国産原料100%の実に良いものなのである。名前に藻と入っていることからもわかるように、海藻から出る旨味成分がぎゅっと濃縮された塩だと言われている。わたしは飲み屋の女将にそう聞いてから「旨そうだなぁ」と思い、ずっとこの塩を使い続けている。

「瀬戸内の花藻塩」は、瀬戸内海の海水を100%使用した海塩を、瀬戸内の地にて藻塩に仕上げています。

海塩:瀬戸内産

海藻抽出物:長崎県対馬

製造者所在地:岡山県瀬戸内市

余談ではあるが、塩なんて海で干していればできるのだから、そりゃあ国産品だろうと思うかもしれない。特にいまNHKで放映されている朝ドラ「まんぷく」を観ている人ならなおさらだろうが。実は「すべての塩」ということで考えると日本の自給率は10%台まで低くなる。これはまぁ、工業用の塩がその大半を占めるからである為、屁理屈といえば屁理屈だが実は日本は大量の塩を輸入しているということは知っておいてもいい雑学かと思う。 

セブンイレブンの「国産さば水煮」の原材料などを見てみると

さばの水煮缶の内容成分

画像はセブンイレブンで買った「国産さば水煮」缶裏面の原料等表記であるが、注目すべきはその潔良いまでの原材料の少なさである!

  • さば(国産)
  • 食塩、(一部にさばを含む)

たった二つである。強いて言えば、商品名にも入っており煮込む時に使う「水」が付け加えられるだろうか。食塩の表記に「一部にさばを含む」と書いてあり「なんのこっちゃ」という感はあるが、まぁ、とにかく「さば」と「塩」だけで作られていることは間違いがない。

栄養成分で目を引くのは、やはりのそのタンパク質の高さと炭水化物の低さであろう。身体の筋肉を作り出す成分であるたんぱく質を確実に摂っていくことは、ダイエットの際に考慮しなければならないとても大切な要素である。身体の中にある余分な脂肪を減らしたいのであって、大事な筋肉を落としたいのではないはずだからだ。

そういった栄養成分のバランスの面からも国産さば水煮は超おすすめ商品と言える。

ちなみに、どうもコンビニの国産さば水煮は旨味に欠ける、もっと濃厚な鯖が食べたいという方にオススメなのが伊藤食品の「美味しい鯖水煮」である。うちでは常備してあり酒の肴として用いているがこれが濃厚で美味いのだ。次回、別の記事に書くが一度試してみて欲しい。 

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ 本当は暖かい白米と食べると最強に美味しいのだけれど、ダイエットする方ならばそのまま食べるかな。オススメの食べ方としては、さば水煮缶と白菜をいれた味噌汁!これが最高に美味いし食べ易く飽きない。人参や玉ねぎなどもお好みで入れると栄養のバランスもますます取れてばっちりかと。