国産品 酔夢譚

国産品を応援するブログです

野菜をはじめ国産品を使い続けるモスバーガーをこれからも応援したい!

今週のお題「最近おいしかったもの」にも関連するが、ウチは毎月に5,000円以上をモスバーガーで食べている。なぜ回数ではなく金額で把握しているのかというと、モスカードに毎月5,000円分をチャージしているが必ず足りなくなるからだ。

子どもたちやカミさんはたまにはマックやミスドに行きたがるけれど、わたしは断固としてモスを推しているし、わたしがいる時は他のチョイスは滅多にない。そんなわたしが大好きなモスの推しポイントを記事にしたい。

f:id:koku3:20181022070622j:plain

国産野菜に関するモスバーガーの取り組みの素晴らしさ

ご近所にモスバーガーがある方ならわかると思うが、黒板に本日の野菜は誰々さんのモノです的な案内があったかと。あんな感じで生産者の方と最終消費者の方々を結ぶような活動をずーっとやっているのが、モスバーガーの素晴らしいところだと考えている。

モスバーガーが生産者の顔が見える野菜の取り組みを 始めて約20年。約2,900軒の協力農家さんたちの 交流を通じて、もっとおいしい野菜づくりを 目指す取り組みを行っています。

公式ページ(mosTOPページ→モスの想い→みんなの力で野菜をおいしく→生産者の想い)にもあるように、小さな農家さんたちとの繋がりはすでに三千軒近くにも達しているとのこと。とてつもないことだと思う。また、下記のリンクのような産地だよりというコーナーでは、それこそ本当に産地の農家さんの顔が見える取り組みをしている。このページを読んでいるだけでも、モスバーガーで食べたくなることウケアイである。

www.mos.jp

「熊本に戻ってきた時は、『自然の中で働けてなんて幸せなんだ。』と思いましたね。トマトは何も言わないだけに、人間相手のTV業界より、楽と言えば楽ですね。何も言わないだけに、逆に怖いときもありますけど…。でもトマトは可愛いですよ。愛を注げば応えてくれますが、かまい過ぎてもダメなんですよ。なかなか難しいですよ。」と満島さんは語ってくれました。

こういう生産農家さんの言葉を読んでいると、食べ物を残してはいけないなという当たり前の気持ちを再確認できる。そんな素晴らしい活動をモスバーガーはやっていると思うのだ。 

モスバーガーを食べ続けるならばモスカードはぜひ作るべき!

f:id:koku3:20181021203026j:plain

モスカードはただのプリペイドカードではなく、お得なプリペイドカードなのである。通常でも3,000円以上のチャージで1%のMOSポイント(1MOSポイント=1円で利用可能)もらえるが、毎月25~29日の「モスカードの日」であれば1,000円以上の入金で4%のポイントがつくのだ!チャージする条件の金額が下がったうえに%が上がるのだからこの時期にチャージしない理由はないと言える。わたしは必ずこの5日間のあいだに5,000円チャージしている。ウチでは年間で60,000円分以上をモスバーガーに費やしているが、3,000円以上はキャッシュバックがある(ネット注文のポイント還元含む)これは家族でのまるまる一食分以上のおトクに値するのだ。

またモスバーガーの素晴らしいのは、このモスカードを完全にアプリで運用できるようにしているところだ。カードを持ち歩くことが煩わしい人にとって、こんなに素晴らしい会社は滅多にない。わたしが知る限りではスタバ(スターバックスコーヒー)くらいであろうか。海外の巨大ブランドに伍する取り組みをしているモスバーガーを、応援したくなってこないだろうか。いや、なるはずである。

モスバーガーはレギュラーメニューも美味しいが、期間限定メニューがまた旨い!

f:id:koku3:20181021203121j:plain

※画像はデミグラ牛カツバーガーであるが、テイクアウト(持ち帰り)のため商品の熱および湿度でしなっとしてしまっている。本来であればバンズもふんわりやわらかなモス仕様なのだ!

いまはご当地バーガーとして、兵庫•加古川のデミグラ牛カツバーガーと、静岡•駿河湾水揚げの桜えびコロッケバーガーがラインナップに並んでいるが、このデミグラ牛カツバーガーがめちゃくちゃ旨い!あまりにも旨すぎてわたしはこの三週間で三回食べている。桜えびコロッケバーガーを食すこともなく断言するのは憚られるが、いやホントに旨いのだからしょうがない。

レギュラーメニューのとびきりハンバーグサンドの美味しさは、ナショナルチェーンのマックやロッテリアでは追いつけないほどであるが、期間限定のカレーナンドッグやご当地バーガーもこれまた旨いのだ!カレーナンドッグの時も毎週のように食べてたなぁ。。。

f:id:koku3:20181028155102j:plain

※これがナンカレードッグだ!バンズの替わりにナンを採用するセンスもいいが、特筆すべきはそのカレーの美味しさ!けっこう本格的でびっくりするくらい旨いのだ!わたしはカレーというものが好きで、松屋の株を買っているのもカレーが旨いからだったりする。おっと話がそれた。。。

こういった感じで期間限定の商品が楽しめるのもモスバーガーの魅力のひとつなのだとひしひしと感じる次第である。

あとがき

読んでいただいてどうもありがとう♪ モスチキンなど一部の商品になぜか中国産の材料を使っているのは本当に謎だが、基本的にはモスバーガーは国産の安心できる原料を用いている。

他のハンバーガーチェーンと比すれば野菜も使ってヘルシーだしストロングバイだと心の底から推したい!